『菌』を増やして肌をきれいに!?正しい「肌フローラ」の育て方

『菌』と聞くとどんなことをイメージしますか?
多くの方は「食中毒」「感染症」など、ネガティブなイメージを持つかもしれませんね。
しかし、実は私たちの体のバランスは「菌」によって保たれている面もあることをご存知でしょうか?
近年では肌の常在菌バランス「肌フローラ」に着目したスキンケアに注目が集まっているんです。

【腸内環境は『菌』で保たれてる!実は肌もそうなんです】

『菌』と聞くと嫌な感じがする方も、『乳酸菌』と聞けば一気にイメージが変わるのではないでしょうか?
そう、ヨーグルトや発酵食品の中に生きていて、私たちの腸内環境を整えてくれる存在の菌ですね。

人間の腸内には善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌が生きていて、その総数は100兆個以上、重さにすると1.5kgにもなるのだそう。
善玉菌が多い腸内フローラ(腸管内の腸内細菌の様相)が理想的な腸内環境であり、それが乱れると便秘をはじめとした不調や腸内の疾患につながってしまうんですよ。
そのため、腸内の善玉菌を増やすことは体全体の健康維持にも大きな影響を与えます。

美顔器SENSIA使ったらこんなにすごかった!?
実はお肌もこれと同じように、「肌フローラ」によってそのコンディションが大きく左右されるんです。
肌に住む「常在菌」にも腸内細菌と同じように善玉菌、悪玉菌、日和見菌があり、悪玉菌が多くなると肌トラブルが増えたり、日和見菌が悪さをするとニキビができてしまったりするんです。
お肌の善玉菌を増やすことは悪玉菌や日和見菌が悪さをするのを抑制することにつながるので、肌トラブルを避けて健やかな肌を保つためには「肌フローラ」を意識したスキンケアを取り入れてみるのも良いでしょうね。

【お肌の善玉菌、悪玉菌、日和見菌って、何?よく聞くあの菌もうまく付き合えば強い味方!?】

腸内フローラの善玉菌と言えばビフィズス菌や乳酸菌、悪玉菌と言えばウェルシュ菌などが挙げられますが、肌フローラの善玉菌や悪玉菌ってどんなものかご存知ですか?

肌フローラの善玉菌は「美肌菌」などとも呼ばれることがありますが、その正体は「表皮ブドウ球菌」だとされることが多いようです。
表皮ブドウ球菌には「肌の乾燥を防ぐ脂肪酸を作り出し外部刺激から守る」、「悪玉菌の繁殖を抑制する」などの作用があるため、肌を健康に美しく保つためには欠かせない菌だと言えます。

悪玉菌と言えば「黄色ブドウ球菌」が代表として挙げられることが多いようです。
黄色ブドウ球菌は食中毒の原因菌としてご存知の方も多いかもしれませんね。
肌フローラにおいてこの菌が増殖してしまうと、「アトピーやかゆみ」などの肌トラブルが起きてしまうこともあるので要注意。

肌の日和見菌(善玉でも悪玉でもなく、その時々によって人体への作用が異なる菌)として有名なのは、ニキビの原因菌として知られる「アクネ菌」です。
実はアクネ菌は普段は肌にとって有益な菌。
アクネ菌から出される物質によってお肌は弱酸性に保たれ、外部の菌が侵入しないようになっていることはあまり知られていない事実かもしれません。
しかし、過剰な皮脂や毛穴の詰まりなどがあるとこのアクネ菌は毛穴の中で大増殖!
皮膚に炎症を起こしニキビを悪化させてしまうので「アクネ菌がニキビの原因」と捉えられてしまっている面があるようです。

普段はおとなしいアクネ菌はお肌の皮脂バランスが整っていて、肌フローラの善玉菌が優位な状態であれば悪さはしない菌なんです。
うまく付き合えば肌を外的から守ってくれる、頼もしい存在だと言えるかもしれません。

【美肌菌を守って汚れは落とせる洗顔法!肌をきれいにするために洗顔料はいらないってホント!?】

肌に住む菌たちは様々な要因によって減ったり増えたりします。
例えばホルモンバランスの乱れ、花粉やホコリなどの外的刺激、乾燥、食事や生活習慣の乱れなどが肌フローラのバランスを乱す要因だとされているんです。

菌たちにとっては大ピンチとも言えるのが、私たちが毎日行っている「洗顔」です。
洗顔をすると肌表面の常在菌はすっきり洗い流されてしまい、肌フローラがもとに戻るまでには12時間以上かかるとも言われています。
その間お肌は無防備な状態になってしまうとも考えられるので、実は「洗顔料を使った洗顔をしない」ことで肌状態を改善することができるかもしれないんですよ。
肌フローラの乱れが原因の不調と考えられている「乾燥、肌荒れ、大人ニキビ、湿疹、かゆみ」などは「水洗顔」に切り替えるだけでもしかしたら改善してしまうかも!

でも、「水だけで汚れって落ちる!?」と心配になりませんか?
でも大丈夫です!水洗顔であれば肌表面に常在菌を残しつつも、皮脂や古い角質、アカやホコリなどはちゃんと落ちるんですって。
特に「季節を問わず肌が乾燥するタイプの肌質」の方には水洗顔で十分なのだそうですよ。

しかし、肌の上で酸化した皮脂「変性皮脂」は水だけでは落としにくいとのこと。
皮脂分泌が特に多いTゾーンなどは場合によっては洗顔料を使って洗う方が良いようですね。
また、メイクをした場合は水洗顔ではもちろん落としきれません。
そのような場合はせめて朝の洗顔を水洗顔に変えたり、休日はメイクをお休みして水洗顔にするなど工夫してみると良さそうです。

たった3日間だけ水洗顔に切り替えただけでも肌がツルっとするとの医師の見解も見つけましたので、それくらいの期間ならなんとか継続できそうだなと思いましたよ。

【菌を守って肌フローラを育てるスキンケア。保存料は菌を殺す!?】

化粧品に含まれている「保存料」は雑菌の繁殖を抑制して保存性を高めるために配合されています。
ということは、同じく『菌』である肌フローラの常在菌たちにも何らかの影響を与えるということは容易に想像ができますよね。

一説によると、やはり「化粧品に含まれる保存料が肌フローラのバランスを乱す」ともされているようです。
そのため肌フローラを育てるためには「保存料フリー」の化粧品を使ったスキンケアをするのが良いという意見も見受けられました。

肌にあれこれ塗るとその分多くの保存料を肌に重ねてしまうことになるため、シンプルなスキンケアに変えるだけでも肌フローラのためには良いみたい。
最初は物足りなさを感じるかもしれませんが、肌フローラが育てば肌が自然に潤うようになるため、シンプルスキンケアでも十分だと感じるようになるようですよ。

探してみると肌フローラの菌たちのエサとなる物質を配合したスキンケアアイテムや、美肌菌の繁殖の邪魔にならない処方のオーガニックコスメなどを見つけることができました。
肌フローラの菌たちと共存していけるように、自分に合ったシンプルスキンケアを見つけられると良いですね。
まずは今日から始められる「水洗顔」、試してみてはいかがでしょうか?