朝活で健康に美しく!早起きが体に与える影響、調べてみました

「早起きは三文の徳」って言いますよね。
昔から伝えられているこのことわざは「早起きをすれば健康にも良い」という意味が含まれており、朝寝坊を戒める目的で使われることが多いようです。
しかし、「早起きすると健康になれるって、イメージとしては分かるけどその根拠は?」って思いませんか?
そこで、朝に活動すると良い理由や早起きが体に与える影響について調べてみました!

【早起きすると体の本来のリズムが整い健康に!】

人間は本来「昼行性」の生き物。
明るくなったら起きて活動し、暗くなったら眠るのが自然なリズムで、それはいくら文明が進んでも変わらないのだそうです。
人間の脳の中には「光を感じる器官」があり、明るくなったと感じると体のスイッチが入って活動的になり、暗くなると休息を取ろうと体のリズムを整えます。

しかし、夜になっても明るい環境に身を置く現代の生活においては、そのリズムが簡単に崩れてしまうのだそうですよ。
その結果、体内時計が狂って体のバランスが乱れ、体温調節がうまくいかなくなったり、ホルモンバランスが悪くなったりなどの弊害が起こりやすくなってしまうんです。

近年は「入眠しにくい」「眠りが浅い」などの睡眠障害に悩む方が多いとも聞きますが、それも明るすぎる環境や夜更かしのせいだという指摘があります。
お部屋の電気はもちろん、スマホやパソコン、テレビなどの画面からの光にさらされることで睡眠に関わるホルモンである「メラトニン」の生成が抑制されるため、睡眠障害のリスクが高まってしまうというわけですね。
センシア美顔器でシミを消してみたぜ
そのため、早起きをして「太陽の光」を浴びることの重要性が見直されてきているんです。
睡眠ホルモンであるメラトニンは起床して光を浴びた14~16時間後に分泌されることが分かっています。
メラトニンが分泌され始めると徐々に体の深部体温が低下し、休息に適した状態にシフトしていき、自然で質の高い眠りにつきやすくなります。

例えば朝6時に起床して光を浴びれば20~22時頃から体がお休みモードに移行するため、生活と体のリズムが整うというわけですね。

その結果、例えば以下のような健康上のメリットが得られると考えることができるようです。

・睡眠の質が高まり、疲れが取れやすくなる。
・免疫力が高まり、感染症などの疾患にかかりにくくなる
・自律神経が整い、ストレスが軽減されてうつ状態に陥りにくくなる
・朝ごはんをきちんと食べることで胃腸が刺激され、便通が整う

実際に早起き(朝四時起き)を実践している方は「だるさが取れて爽快になった」「くよくよすることが減った」「寝つきが良くなった」などの変化を実感しているとのこと。
(個人のブログより)
起きる時間はそれぞれの活動時間に合わせて決めれば良いのですが、基本的には「日の出」を基準にすると良いみたい。
日の出の時間は地域や季節によっても異なりますが、大体6~7時の間に起床するのが一般的な「早起き」だと言えるでしょう。

【早起きするとキレイになれる!?その根拠はこれ!】

早起きすると「美容」にも良いと聞けば、早起きしてみたいと思いませんか?
実は朝早く起きて活動すると以下のような美容上のメリットが期待できるとされているんです。

・新陳代謝が高まり、肌ツヤが良くなる
・便通が良くなることにより、肌荒れやニキビが改善される
・むくみが改善する
・自然と痩せる

睡眠ホルモンであるメラトニンには新陳代謝を高める作用や体の酸化を抑制する作用などもあると考えられています。
そのため、早起きすることでお肌の状態が上向くことも期待できるというわけですね。
前述の通り、早起きして朝食を摂ることで便通の改善も期待できるため、便秘が原因の肌荒れは早起きによって治ってしまうこともあるかもしれません。

また、眠っている間に分泌されるホルモン、『成長ホルモン』と『コルチゾール』には脂肪をエネルギーに換えたり、代謝を高めたりする作用があります。
ぐっすり眠ると一晩で300キロカロリーものエネルギーが消費されるとも言われているので、「睡眠の質を高めるだけで自然に痩せる」という意見もあるんですよ。
それらの成長ホルモンの分泌を安定させるには、「規則正しい生活をして体内時計を整える」ことが大切だと考えられているので、やはり早起きは大事なんです。

これが、「早起きをするとキレイになれる」根拠です。

【健康と美容のための朝活あれこれ、やってみる?】

最近は「朝活」と言って、朝に勉強や仕事、趣味や運動などをする方も増えているようです。
今から朝活を始めてみるなら、健康や美容に良い活動を選んでみるのも良いかもしれませんね。

例えば、ジョギングやストレッチ、散歩やヨガなどの軽めの運動はどうでしょうか?
朝運動すると副交感神経と交感神経の切り替えがうまく行われるようになるため、体と心のバランスが整いやすくなるようです。
ストレス発散になるし、体温が上がることで脳が活性化するため仕事にも良い影響があると言われていますよ。
メラトニン生成のためには朝の光を浴びることが大事なので、屋外で運動するのがよりおすすめです。
朝の公園で行われるヨガ会などもあるようなので、そのようなイベントに参加してみるのも楽しそうですよね。

しっかり朝食を摂るために、朝に料理をする習慣をつけてみるのも良いかも。
朝ごはんの準備ってバタバタしがちですが、早起きすればゆとりを持って料理を楽しめそう。
しっかりごはんを食べることは脳を覚醒させるきっかけにもなるし、ダイエットの観点からも「朝しっかり、夜控えめ」が理想ですよね。
朝のうちに晩御飯の支度まで済ませてしまえば、夜はゆったりと休息タイムを楽しむこともできそうです。

朝活として「入浴」を楽しむ方もいらっしゃるみたい。
早起きして近所の銭湯に通う…なんて、なんだか粋ですよね。
朝入浴することは交感神経を優位にして目覚めをすっきりさせる効果があり、朝が苦手な方には人気のようですね。

朝入浴をする場合には40℃程度のお湯に5分程度の短い時間つかるのが良いようですよ。
皮脂を落とし過ぎるとお肌にとって良くないという意見もあるので、洗いすぎや長風呂には注意しましょうね。

【早起き習慣の第一歩!まずは無理やり早起きしてみよう】

早起きが健康や美容に良いことは分かりましたが、それでも、「やっぱり早起きはつらい!」という方も多いかも…
そんな方も、まずは一日、無理やり早起きをしてみることから始めませんか。

そうするとその日の夜には自然に眠くなり、無理なく早寝をすることができるかも!
メラトニン分泌のため、日中は積極的に日光を浴びることができればベストですね。
早起き習慣を身に着けた方の多くは「最初は無理やり起きる」「継続することで自然に起きれるようになる」とよく言うようですから、
最初はつらいかもしれませんが、美容と健康のために頑張ってみませんか?