美容のウソ・ホント4選!恋をするときれいになる、は本当なの?

まことしやかに語られる、美容に関する情報の数々…
「○○は肌に良いらしいよ」「××するのは美容に良くないらしい」なんて耳にすると、ついつい気になってしまいませんか?
それらの情報の中には正しいものもあれば、間違ったものもあるはず!
ここでは、最近私自身が「あれ?これって正しいんだっけ?」とふと気になった美容のウソ・ホント4つについてまとめてみたいと思います。

【ビタミンCを朝摂ると日焼けするって、ウソ・ホント?】

最近、ニキビ痕やシミ対策として、ビタミンCのサプリを飲んでいます。
それを家族に話したところ、「ビタミンCいいらしいね!でも朝飲むと日焼けして逆にシミになっちゃうらしいよ」とのこと。
あれ、そういえばそんなことを聞いたこともあるような気が…。
ビタミンCって朝は摂らない方が良いって、ウソ・ホント?

答えは「ウソ」です。
ビタミンCをサプリで朝摂取したとしても、シミになる、日焼けするなどの心配はしなくても良いみたい。
しかし、調べていると私と同じように「ビタミンCは朝摂らないほうが良い」と聞いたことがあるという声もチラホラありました。
口コミで語られるSENSIA美顔器の効果とは?!
それは、レモンやグレープフルーツなど、ビタミンCを多く含むかんきつ類に含まれる「ソラレン」という光毒性の成分による影響と混同された可能性が高いみたい。
ソラレンという成分は紫外線と反応して肌に炎症などの影響を与える可能性があるため、レモンやグレープフルーツを朝摂らないほうが良いというのは本当なんです。
しかし、『サプリ』でビタミンCを摂る場合はソラレンの心配をする必要がないため、朝飲んでも大丈夫とのことですよ。

ただ、ビタミンCは尿で排出されてしまうため、ビタミンCサプリを飲む場合は朝よりも「寝る前」にした方が良いとの意見も見つけられました。
朝飲んだらダメというのはウソだけど、効率を考えると夜寝る前に飲む方が良いんですね。

【使用するスキンケア用品はたまに替えた方が良い、はウソ・ホント?】

「新しいスキンケア用品を使い始めると、最初は『すごくいい!』って感じるけど、そのうちあまり効果を感じなくなる…」

こんな経験ってありませんか?
私自身はこの経験が何度もあって、「同じ化粧品を使い続けるより、たまに変えた方が良いのかな?」なんてぼんやり考えていました。
ネット検索してみると、同じような感覚を持っている方は意外と多いようなんですよね。

そこで真偽をはっきりさせるために調べてみました。
すると、スキンケア用品はたまに替えた方が良い、は「ウソ」!!

…というのも、「同じ化粧品を使い続けた方が、肌荒れなどのリスクを避けることができる」と考えられるため、化粧品をコロコロ替えるのは良くないようなんです。
「同じ化粧品を使い続けると効果を感じなくなる」というのは「肌状態が安定してきた」とも捉えることができるんです。
そのため、お使いの化粧品が「肌に合っている」「使っていても変化はないけど肌トラブルも起きない」と感じているなら、敢えて替える必要はないというわけですね。

とは言え、新しい商品が発売されたら試したくもなるし、季節や肌状態や年齢に合わせてお手入れを変えたい時だってありますよね。
そんな時はもちろんチャレンジしてOK!
新しいスキンケアを試す時は肌の変化を見逃さないようにして、トラブルを回避できるように気をつけましょう。
「この化粧水だったらどんな肌状態の時も使える!」と感じられるような、低刺激なお助けアイテムを一つ持っておくと安心かなと感じています。

【パック(シートマスク)は毎日したらダメ、はウソ・ホント?】

美容成分たっぷりのシートマスクでパックをするとお肌も心も潤う気がします。
「お手入れしている!」って感じられるし、実際に肌の状態も良くなる実感があるんです。
でも、「パックは毎日したらダメ」って言う方もいらっしゃいますよね。

でも実際は「パックは毎日したらダメ」、は「ウソ」だと言うこともできるようなんです。

というのも、商品によっては「毎日使用してもOKですよ」と明記してあるものがあるから!
毎日使うことを前提に大容量で売られているものもあるんだから大丈夫に決まってますよね…?
パックを毎日したからと言って「肌が甘やかされる」なんてことも科学的な根拠はないようです。

しかし、「パックはスペシャルケアとしてたまに使う方が効果を得やすい」「大容量のパックは雑菌の繁殖や酸化に気を付ける必要がある」との専門家の意見も見つけられたので、
その点は少し考慮する必要があるかもしれません。
大容量のパックはきちんと密閉して保管するようにしたり、高級なパックはここぞという時に使ったりするなど、工夫をしながら楽しくパックできると良いですね。

私の友人の一人は乾燥肌に悩まされているため毎日シートマスクをしているそうですが、「保湿化粧品をいろいろ重ねるより潤うし、安く済む」と満足しているみたい。
毎日パックをするなんて贅沢なのかと思っていましたが、意外とコスパの良い保湿テクなのかもしれません。
肌質や季節によっては、毎日パックするのもアリなんですね。

【恋をするとキレイになる、はウソ・ホント!?】

最後は「恋をするとキレイになる、はウソ・ホント?」です。
これこそ、「なんとなく本当っぽいけど、それって科学的根拠ってあるの?」と疑ってしまいたくなる美容ネタだと思いませんか?

調べてみると、恋をするとキレイになる、はホントのようなんです。
しかも、科学的根拠がちゃんとあります。

恋をしてドキドキしたり幸せを感じたりするのは、実はすべて「ホルモン」の仕業。
恋愛に関係するホルモンにはフェネチルアミン(PEA)、エストロゲン、オキシトシン、セロトニン、ドーパミンなどがあります。
これらのホルモンは肌の水分量を増やしてツヤツヤさせたり、食欲を抑制して自然なダイエット効果を与えたり、瞳をうるうるさせたり、ムダ毛を抑制したりする作用があるため、女性らしく魅力的な外見に近づける手助けとなるそう。
それはオスを引き寄せるための本能的な体の反応で、恋愛をすると恋愛ホルモンが分泌されたり、活性化したりすることは科学的に判明していることなんですよ。

ちなみに男性の場合は恋愛をすると「テストステロン」という男性ホルモンが分泌されやすくなり、筋肉がついて男らしい体つきになったり、闘争心が高まって仕事がはかどったりするなどの影響があるそう。
男女ともに、恋をするとキレイに魅力的になれるってことかもしれませんね。

もちろん、「恋をするとおしゃれをしたり、スキンケアに力を入れたりと外見に気を配るようになるからきれいになる」というごもっともな見解もありますので、努力は怠らないようにしたいものですね。
「恋する予定ないんだけど!」という方は、チョコレートや赤ワイン、チーズなどを食べることで恋愛ホルモンが分泌されやすくなるという研究もあるようなので、生活に取り入れてみるものおもしろいかもしれません。

以上、美容のウソ・ホント4選についてまとめてみました。
毎日のスキンケアやお友達との会話のネタなどに役立つと幸いです!